スポンサードリンク

2008年05月24日

目から鱗:サヤ獲り名人

読み終わりました。
まだ実践には移してないですが、内容としては良い部分がありました。


基本手法に関しては、やはり予想していた内容と同じでした。
豪ドル円を売って、NZドル円を買うという方法です。

ただ両通貨バランスを微妙にあえてずらすので、完全なサヤとはいえないと思います。
それが重要なポイントという考え方のようですね。

私自身はあまり納得はできないですが。
例えば、円高になったときや、円安になったときなどの為替差益に影響するからです。
バランスをずらした方へ相場が行けば利益になりますが、いつもその方向に相場が行くとは限らないと思います。

ヘッジをかけながらの運用になるので、為替差益の影響は少ないですが、それなら最初から豪ドルNZドルを小額でトレードすれば良いのではないかと思います。


ただ良い点としては、サヤ獲りのペアを一つとして考えず、複数で見て運用すると言う方法については購入した価値が非常にありました。

このような考え方は今まで無かったので、「なるほど」と思わされました。

この方法を使えばリスクが少なく安定して運用できそうです。



ちなみに、マニュアルには作成者の2007年6月の運用成績が載っていました。
1ヶ月で40%ほど利益を上げていました。
昨年6月と言えば、クロス円は円安に動いたときです。
円安に動いたから利益になったというタイプの手法ではないです。
為替差益に影響されないということですね。
実際に運用してみたい手法です。

posted by コスモ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FXサヤ獲り名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

FXサヤ獲り名人でサヤ取り

またまた新しい商材を購入しました。

サヤ獲り名人です。


サヤ取りについては分かっているのですが、あまりに売れているので気になって購入してみました。

もともとFXではサヤというのが存在しないので、サヤ取りの商材については必要ないと思ってました。

サヤって言うのは、本来、似た動きをする銘柄2つを組み合わせてトレードするものです。
例えば商品市場の銀価格と金価格が違う動きをしたときに片方を買って、残りの片方を売って、というものです。

これをFXですると、例えば豪ドル円とNZドル円の場合、豪ドル円を売って、NZドル円を買ったりするわけです。

ですが、これって豪ドルNZドルの取引をしているのと変わりはないです。
もともと合成して作られた価格なので、同じことになるんですね。



そのことを分かっている人が多いはずなのに、サヤ獲り名人は売れていたので、気になってたんです。

まだ読んでないので、なんとも書けないですが、追々書いていきます。




posted by コスモ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FXサヤ獲り名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。