スポンサードリンク

2008年08月05日

ビクトリーメッソドのボリンジャーバンド

最近ブログの更新が途絶えていましたが、トレードはしていました。


ビクトリーメソッドを何度も読みましたが、これはネット上で高評価なだけあって、とても内容が濃いです。

勝てる確率が飛躍的に上がります。

実際私も実践しましたが、勝率は80%となっています。
これは人によって変わるものの、ちゃんと見極めれば負けることの方が少ないでしょうし、着実に利益を得ることができるでしょうね。



いろいろなトレード手法を書籍や情報商材で見てきましたが、これほど良いものは初めてです。

パンローリング社から発売されている書籍は良いものが多いですが、FXに特化しているものが少なく、FXに特化している書籍であっても実践するには曖昧すぎて難しいものばかりでした。


それに比べるとビクトリーメソッドは、実践向きにされています。

例えば、時間足で、ボリンジャーバンドがどのぐらい広がっているときがトレードチャンスなのかが書かれています。
30足でボリンジャーバンドが○○銭広がっているとや、日足であれば○○銭の広がったときがトレードチャンスと書かれています。
詳細はこちらを見てもらうと分かります。


これよりボリンジャーバンドが狭くなっているときは、他のシグナルが発生していたとしても、トレードを見送ることが明確に分かります。

トレードをするタイミングが分かりやすいので、ビクトリーメソッドのお蔭で、失敗トレードが極端に減りました。


このボリンジャーバンドの時間軸の違いによってどのぐらいの幅がトレードチャンスなのか書かれている書籍は他に無いと思います。



この他にも良い内容が豊富にあるので後日また書きたいと思います。

詳細についてはこちらを見ていただけたら分かると思います。





2008年07月08日

人気の高いフェニックス投資法が・・・

あと1週間で販売終了になってしまいます。

スキャルピングで人気の高かったフェニックス投資法ですが、なぜか7月14日で販売を終わるようです。

資金が30万円あればFXで暮らしていけるという驚異のトレード方法です。

トレード法を開発した作者は、このトレード方法で、FXで生活をしている方です。



このトレード方法はインディケーターを複数組み合わせてトレードするトレード方法ですが、組み合わせ方が独特で、ダマシを軽減しています。


トレード法ですが、エントリーのタイミングは押し目買いや戻り売りのタイミングで入ることになります。
しかも反転を確認してのエントリーとなりますので、安全なトレード法です。


さらに損小利大を目指すタイプのトレード法なので、トレードの基本に沿ったトレード方法です。


このフェニックス投資法をさらにトレードしやすくする方法を特典として付けています。

利幅をできるだけ延ばせるようにする方法です。
この特典はこちらからフェニックス投資法を購入されると、ダウンロードするサイトのページに特典もダウンロードできるように設置しています。


人気が高いトレード方法があと1週間で封印となります。




posted by コスモ at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | フェニックス投資法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

1週間だけの販売再開

FX−maxシリーズで一番人気の高かったFX−max weeklyですが、今週の1週間だけ再販売となりました。

再販売の依頼が多かったようですね。

今もインフォカートで1位の売上を記録しています。


成績もかなり良い状態となっています。
50万円からの運用を4月7日から運用して、今は88万円まで殖えています。
週に1回見るだけで、2ヶ月ちょっとで33万円も殖えているので、すごいシステムトレードだと思います。


この再販売の機会を逃がすともう手に入らないでしょうね。


詳細情報や過去の検証などの詳しい方法です。


以前までの価格から5000円ほど高くなって、7万円の販売価格となっていますが、すぐに元が取れるのではないでしょうか。


簡単で、時間もかからず、利率が良いシステムトレードです。


posted by コスモ at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | FX−max weekly | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

南緒さんのデイトレード

カリスマトレーダーと言われている南緒さんですが、人気が高かったデイトレード商材が販売終了になります。

今までの購入者のサポートを強化するためだそうです。

この商材のトレード手法で南緒さんは500万円を1年ほどで3億円にされたそうです。

まさにカリスマトレーダーと言われる成績です。

このトレード手法を学んで、今までの成績が飛躍的に上がったという方も居られるようです。


今現在南緒さんは海外の金融機関のファンドを運用されているそうです。
成績がいいので、ヘッドハンディングされたんでしょうね。
ほんとにすごいですね。

今ならちゃんと南緒さんのサポートも付いているので、現役のファンド運営者のコメントを直接貰えるチャンスかもしれないですね。


今週の金曜日に販売終了です。



2008年06月07日

動画で見れるFXトレード:トレーダーズクラブ

トレーダーズクラブが再販売を始めたようです。
私はこの教材を以前に購入していたので、どんな内容か書きたいと思います。


まず作者さんですが、超短期でトレードしている人で、FXの収入で暮らしているようです。
成績などを見ると、勝ち組トレーダーです。


その作者さんが動画で作った教材がトレーダーズクラブになります。


内容は8つの動画ファイルと、7つの音声ファイルがあります。

それと、会員専用のメルマガがあります。



動画ファイルの方は、トレンドの判断方法を教えてくれたり、価格の変動幅を教えてくれたりします。
価格の変動幅を利用して、手仕舞いをしたりするわけですね。

相場の予想の立て方や経済指標についても説明してくれており、損切りのポイントもどこが最適化を説明してくれてます。


トレードをする上で基本的なことを学べる動画となっています。

トレードは基本をしっかりすれば、着実に勝っていけるので、ココがおろそかになっているといけないですね。


音声ファイルの方は、動画があるため見劣りしてしまいます・・・




この教材で面白いのは、動画を見たあとに、問題集があり、それを解いて基本を学ぶというところです。
今までの教材はトレード方法だけ説明して、実際に活用しにくかったのをこれは補ってくれています。



評価としては、基本的なことが多いので、私にはあまり価値が見出せなかったですが、価格が1万円と安いので、いいのではないでしょうか。
なにより動画というのが分かりやすいです。


これが他の教材のように何万円もするのであれば、価値は非常に低いこととなります。





posted by コスモ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーダーズクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

裁量トレード法:ビクトリーメソッド

またまた新しい情報教材を購入しました。

購入した教材は、どのサイトやブログを見ても、高評価のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版です。

この教材を悪いように言っているブログが見当たらなかったので、購入してみました。

まだ読んでいませんが、軽く眺めた感じとしては、すごくまともなことが書いてそうに思います。

テクニカル分析の基本書のように見えます。


作者の佐野さんはFXトレーダーとしてはかなり上級者ようのですので、サポートの方も楽しみです。


ビクトリーメソッド:アドバンスで勝ち組トレーダーの仲間入りをしたという話も聞いてます。
このビクトリーメソッドでFXの専業トレーダーになれたと言う話も聞きました。
ほんとうに良い教材のようです。


楽しみにながら、読んでみたいと思います。

詳しい内容は、また後日にブログの方に書きます。

2008年05月29日

1ヶ月で約40万円!!UP CURRENT SYSTEM FX

読めば読むほど、単純だけど、奥が深いトレード方法です。

販売終了するということだったので、急いで購入した『UP CURRENT SYSTEM FX』ですが、このトレード手法は正当なトレード法です。
それぞれのテクニカルは良いといわれている使い方を掛け合わせたトレード手法になっています。


例えば、ポンド円はトレンドがでやすい通貨ペアと言われてますので、逆張りでトレードするよりは順張りでトレードがいいということになります。


オシレーター系指標もちょっと変化した使い方ですが、良い使い方だと聞いたことがある方法です。
特にトレンドが出ているときには有効な使い方です。


上記2つを掛け合わせているのです。
トレンドが出やすい通貨ペアであるポンド円に、トレンドが出ているときに有効な使い方であるオシレーター系の指標を掛け合わせているので、ブレイクしたときにまだその方向へ相場が動くという信頼性が高いです。


そして手仕舞いのポイントは、これも一般的に言われているところで、手仕舞いとなります。


全てが一般的に言われているトレード方法ですが、これらを全て掛け合わせることによって、素晴らしい成績となります。


その結果が、4ヶ月ほどで、10万通貨のトレードで162万円の利益となっているのです。
1ヶ月では、約40万円の利益になります。

この成績はすごいです。


販売終了前に購入したかいがありました。



裁量系の商材で、南緒さんのデイトレと比べると、このUP CURRENT SYSTEM FXの方が断然内容がしっかりしています。
とても半分の値段とは思えません。
南緒さんの値段は5万円で、今回の教材は2万5千円です。
この価格は反対だったとしても不思議ではないと思います。



今月末で発売終了なので、購入を考えている方は、検証結果がこちらに書かれているので、確認してみてはどうでしょうか。



posted by コスモ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | UP CURRENT SYSTEM FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

新トレード手法:UP CURRENT SYSTEM FX

新しい情報教材を購入しました。

すごく評価の高いFXトレード手法の「UP CURRENT SYSTEM FX」です。

これは発売当初100本販売したところ30分で売り切れたようです。
30分で200万円以上の売上を上げたことになります。


そのあとも追加で何度か販売されていたようですが、その都度すぐに売れていたようです。


今月末で販売終了するようなので、購入してみました。

内容はこちらに詳しく書かれていますし、購入者の評価も書かれています。



私が読んだ感想としては、いたってまともなトレード手法です。
FXはトレンドができると大きく動きやすいといわれていますが、その考えを踏まえているようです。

しかもトレンドができやすいポンド円を推奨通貨ペアとしています。


私はポンド円だけでなく、ポンドドルの方でもこの手法は有効ではないかと思います。


また基本的な内容では30分足を使用していますが、トレード回数を増やすために15分足でもいいのではないかと思います。



勝率は7割あるようですね。
4時間足を使った場合は9割の勝率になっているので、4時間足でのんびりとトレードする方がいいのかも知れませんね。



この教材のいいところは、一般的な教材は4〜7万円ぐらいしますが、24800円と半額以下になっているのがいいです。


今月末で販売終了になります。



posted by コスモ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | UP CURRENT SYSTEM FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

目から鱗:サヤ獲り名人

読み終わりました。
まだ実践には移してないですが、内容としては良い部分がありました。


基本手法に関しては、やはり予想していた内容と同じでした。
豪ドル円を売って、NZドル円を買うという方法です。

ただ両通貨バランスを微妙にあえてずらすので、完全なサヤとはいえないと思います。
それが重要なポイントという考え方のようですね。

私自身はあまり納得はできないですが。
例えば、円高になったときや、円安になったときなどの為替差益に影響するからです。
バランスをずらした方へ相場が行けば利益になりますが、いつもその方向に相場が行くとは限らないと思います。

ヘッジをかけながらの運用になるので、為替差益の影響は少ないですが、それなら最初から豪ドルNZドルを小額でトレードすれば良いのではないかと思います。


ただ良い点としては、サヤ獲りのペアを一つとして考えず、複数で見て運用すると言う方法については購入した価値が非常にありました。

このような考え方は今まで無かったので、「なるほど」と思わされました。

この方法を使えばリスクが少なく安定して運用できそうです。



ちなみに、マニュアルには作成者の2007年6月の運用成績が載っていました。
1ヶ月で40%ほど利益を上げていました。
昨年6月と言えば、クロス円は円安に動いたときです。
円安に動いたから利益になったというタイプの手法ではないです。
為替差益に影響されないということですね。
実際に運用してみたい手法です。

posted by コスモ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FXサヤ獲り名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

FXサヤ獲り名人でサヤ取り

またまた新しい商材を購入しました。

サヤ獲り名人です。


サヤ取りについては分かっているのですが、あまりに売れているので気になって購入してみました。

もともとFXではサヤというのが存在しないので、サヤ取りの商材については必要ないと思ってました。

サヤって言うのは、本来、似た動きをする銘柄2つを組み合わせてトレードするものです。
例えば商品市場の銀価格と金価格が違う動きをしたときに片方を買って、残りの片方を売って、というものです。

これをFXですると、例えば豪ドル円とNZドル円の場合、豪ドル円を売って、NZドル円を買ったりするわけです。

ですが、これって豪ドルNZドルの取引をしているのと変わりはないです。
もともと合成して作られた価格なので、同じことになるんですね。



そのことを分かっている人が多いはずなのに、サヤ獲り名人は売れていたので、気になってたんです。

まだ読んでないので、なんとも書けないですが、追々書いていきます。




posted by コスモ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FXサヤ獲り名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。